2018/06/11

妊娠・出産の時期やライフプランを左右する!あなたの「卵巣年齢」は何歳?

肌年齢や血管年齢など、実年齢以外のさまざまな部分で年齢を測定することがありますが、なかでも妊娠・出産を希望する女性にとって重要な「卵巣年齢」を知っていますか? 女性の...

この記事の続きを読む>>

2018/05/28

母子共に危険を及ぼす「妊娠高血圧症候群」とは

妊娠前は血圧異常がなかったのに、妊娠後期に初めて高血圧になった場合「妊娠高血圧症候群」と診断されます。高血圧、もしくは蛋白尿を伴う病気の総称で、かつては「妊娠中毒症」...

この記事の続きを読む>>

2018/05/07

将来の妊娠のために。今から積極的に摂りたい「葉酸」とは

妊婦に必要不可欠な栄養素として知られている「葉酸」。妊娠中はもちろん、妊娠前から積極的に摂るべきだと言われています。近年では、脳卒中や心筋梗塞など循環器疾患を防ぐ効果...

この記事の続きを読む>>

2018/04/23

将来の妊娠・出産のためにも知っておきたい 甲状腺の病気

甲状腺はのど仏の下にある、羽を広げた蝶のような形をした器官です。新陳代謝を活発にする“甲状腺ホルモン”を分泌し、成長や発育促進、またエネルギーを生み出す役割を持ってい...

この記事の続きを読む>>

2018/03/12

アフターピル(緊急避妊薬)とは? 服用方法や効果、副作用は?

望まない妊娠を避ける手段の一つとして、「アフターピル(緊急避妊薬)」があります。計画的に妊娠を回避することができる「低用量ピル」とは異なり、性交後に緊急避難的に用いる...

この記事の続きを読む>>

2018/02/05

「産後クライシス」感じる母親は約5割

「産後クライシス」という言葉をご存じでしょうか。「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況」を指す言葉とされています。一人で育児をしているように感じている妻ほど、...

この記事の続きを読む>>

2018/01/22

「梅毒」感染者が44年ぶりに5,000人を超える

近年、「梅毒」の感染者が増えています。日本では梅毒は感染した場合、国に報告が義務づけられている性感染症の一つです。主な感染経路は他人の粘膜や皮膚との直接接触によるもの...

この記事の続きを読む>>

2018/01/15

働きながら不妊治療をする女性の5割が「不妊退職」

「不妊」や「不妊治療」についての理解を深める活動を行っているNPO法人Fineが2017年度に行った調査によると、働きながら不妊治療を行っている女性のうち約5割が「不...

この記事の続きを読む>>

2017/11/13

ジェンダーギャップ指数は114位! 女性の働き方と長時間労働のリスク

2017年11月に、世界経済フォーラム(WEF)が発表した、世界各国の男女平等の度合いを示した2017度版「ジェンダー・ギャップ指数」によると、調査対象144ヶ国...

この記事の続きを読む>>

2017/11/06

40万人を越えた体外授精の治療者数と過去最多の出生数

5万1千人。なんの数字だと思われますか? これは、2015年度に国内で行われた体外受精によって誕生した子どもの数であり過去最多の人数です。日本産科婦人科学会の...

この記事の続きを読む>>

2017/09/18

産みたいときに産めるカラダでいるために「プレコンセプションケア」

厚生労働省の発表する「平成29年度版 少子化社会対策白書」によると、日本では男女ともに晩婚化、晩産化が進んでいます。平均初婚年齢は、2015(平成27)年で女性は29...

この記事の続きを読む>>

2017/08/07

日本は事実婚でも助成へ!フランスは全女性に生殖医療解禁

2017年フランスでは同性カップルを含む全ての女性への生殖医療解禁の検討が始まりました。一方、日本では不妊治療について事実婚の夫婦への助成を拡大してはどうかとの検...

この記事の続きを読む>>

2017/07/17

100万人割れ 子どもの出生数 産みたい時に産める自分であるために

厚労省はこの6月、人口動態統計の結果を発表しました。2016年に国内で生まれた子どもの数は97万6976人。1899年に調査を開始して以来はじめて、出生数が100万人...

この記事の続きを読む>>